次回の会合


 第75回案内

 

日 時;2018年2月9日(金)6時30分から8時10分頃まで

場 所;きゅりあん(品川区立総合区民会館) 第2特別講習室

会 費;1000円(会場費・資料代として)

講 師;木内修様

演 題;現代技術が可能にする伝統建築

昭和53年(1978)伊藤平左エ門12世の門を叩いて以来、伝統木造建築の耐震化に取り組んでいる。伝統木造建築は明治以来、技術教育の枠外に置かれ、特に戦後は建築基準法からも外された存在で、新築での実現は困難を極めた。

 伝統木造建築の技術を継承していくためには、伝統技術を現代建築技術の表舞台に登場させない限り無理であるとの思いから取り組んでいる。特に、耐震性の解明と耐震化架構体の開発に力を入れてきたが、その事例紹介として、最近の作品を語ってみたい。

 

懇親会;会合後、講師を囲んでの懇親会(参加自由・実費精算)を行っています。